帰省 2006年正月
2005.12.27.-2006.1.3.


photo:関ヶ原 毎年恒例となった(強引に恒例にした)福岡経由の帰省。当初27〜28日に休暇を取って27日午前中に出発するつもりだったが、いろいろあって仕事のケリがついたのが12月27日昼。帰って準備をしたり年賀状を仕上げたりして、17時過ぎに出発。18時25分に東名に上がり、まずは海老名SAの吉野家で夕食。

 23時42分に尾張一宮SAに到着。この先関ヶ原あたりで渋滞が起きているようで、20km通過するのに2〜3時間以上と表示されている。目的地が大阪や愛媛だったら迷わず名阪ルートを選ぶところだが、福岡まで高速を使いできるだけ割引を効かせたい。未明になれば少しは渋滞も減るだろうと思い、とりあえず2時間ほど仮眠。出発してみると除雪渋滞だった。除雪車の真後ろを40km/hで走りつつ西を目指す。

photo:神戸JCT 4時に大阪・吹田の太陽の塔の前を通過。山陽道三木SAで4時45分から1時間ほど仮眠。途中どうなることかと思ったが、なんとか明け方までに大阪を抜けることが出来たし合計3時間寝られたので、まあ順調な方だろう。

photo:博多駅東出口 あとはひた走りに走り、途中のSAで軽く仕事をしたりしながら目的地に近づいてゆく。12時半に都市高速博多駅東出口から地上に降りる。今年もやって来た。

photo:バイキング まずは去年と同じく昼食バイキング。安くて美味しい。ホッとしながらのんびりする。

photo:西新商店街 夜は徒歩で街を徘徊。西新商店街は初めて来ても懐かしい感じがする。

photo:未羅来留亭 未羅来留亭でラーメン+替玉。地元の美味ラーメンに家族大満足。

photo:キャナルシティ ラーメンの後は地下鉄で移動し、キャナルシティへ。大人は夜景、子どもはポケモンセンターを楽しむ。

photo:中洲 おむすびをようやく家族全員で食べることが出来た。第一子と第二子はカウンターに座って張り切っている。ワシらは壁側の席。あとで壁側が空いたので店員さんが気を利かせてくれて声をかけてくれたが、こいつらはカウンターがいいと動かなかった。横に座っていたお姉さんと意気投合してやがった。


photo:元祖長浜屋 12月29日。午前中はマリノアシティで買い物。いつもと同じところに行き、前回との違いを楽しむ。

 昼食は元祖長浜屋の本店。ここも「いつもの店」だな。子供用の器を頼んだら店名入りのミニどんぶりを出してくれた。

photo:元祖長浜屋 元祖の前で記念撮影。ファミリー向けでは楽しめないかなという印象だったが、不思議とうちの家族はここと相性がいい。第三子も機嫌良く食べてくれる。

photo:マリンワールド ここまではほぼ毎年のパターンどおりの行動だったので少しは家族旅行らしいことをと思い、午後はマリンワールド(水族館)に行ってみる。なかなか楽しい。観客席からは福岡空港にアプローチする飛行機も良く見え、ショーも飛行機も両方楽しかった。

photo:長浜 夜はいつも出張の最後の夜に飲みに来る「H」で食事。家族で来るのは5年ぶり。

 ホテルに帰ってからワシだけ再度外出し、地下鉄で赤坂まで出てから天神までをブラブラ徘徊。マッサージを受けたりジントニックとモルトウィスキーを飲んだり。久しぶりに屋台のラーメンも食べたくなって長浜まで歩きナンバーワンで一杯。


photo:ホテル出発前 12月30日。荷物を片付け、来たときと同じ状態になった部屋を見ると「また今度来たいな」と思う。朝10時過ぎにチェックアウト。

 今年は例年よりも一日早く、30日に愛媛に移動するのだ。1日余裕があるからとりあえず夜までに愛媛に着けばいい。昼過ぎまではゆっくりすることにして、とりあえずキャナルシティに行く。まずは胃薬を購入。

photo:博多だるま 何回も来ているので家族それぞれ自分のお気に入りの空間がある。昼間で適当に自由行動。胃薬が効いてきたので昼食は車で5分ほど移動して博多だるまで4杯+ぎょうざ。博多の小ぶりの餃子はとても美味しい。

photo:大宰府IC 大満足で福岡を後にする。大宰府ICから高速道へ。

photo:大分自動車道 九州の雄大な景色を楽しみつつ、大分を目指す。

photo:大分自動車道 去年は雪で大変だったが、今年は楽勝。旅行というよりは定点観測か。

 17時50分に佐賀関フェリー乗り場に到着。18時発のフェリーで三崎へ。19時50分に実家に無事到着。


photo:お墓参り 大晦日。お墓参りの後で買出し。途中で同僚から電話が入る。福岡に帰省中だそうで、博多だるまの場所を教えて欲しいとのこと。「うちは昨日行ったんだよ」と言うと驚いていた。

 盆休みあたりと正月ぐらいしか愛媛の雰囲気を知らないので、年末のあわただしさを味わえるのはとても楽しい。活気があって嬉しくなる。

photo:釣り 夜は軽く釣り。静かに暮れていく2005年。


photo:大洲 2006年1月1日。実家の水道まわりの修理がしたくて、やや離れた街のホームセンターに行ってみる。第二子はトイレットペーパー巻き取り大会に出場。参加賞獲得。

 昨日行ったスーパーマーケットでも買い物をしたが、昨日とは打って変わった静けさ。去年まではこの雰囲気を「にぎやかだ」と思っていた。値段も上がっているな。

photo:元旦の夕暮れ たった一日の違いなのだが、昨日と今日とはずいぶん違いを感じる。空や夕暮れや木や海は今日が正月ということを知っているのだろうか。


photo:きらら館 1月2日。まずは道の駅きらら館でえさやり。帰省のたびに寄るが、「運動中」でえさをあげられないときもあり、勝率は5分ぐらいだろうか。

photo:大鳴門橋 大街道のスタバで軽くコーヒーを飲んだり、周りの店をちょっとのぞいたりとつかの間の地元気分を味わってから、15時40分に川内ICから高速道へ。吉野川SAで休憩とお土産を買ってから淡路島へ。

 淡路島でいったん下りて、ゆーぷるという温泉施設に行ってみる。温泉では2時間近くゆっくりし、21時前に出発。すでに数時間移動しているのだが、温泉に入ると今出発したような気分にリセットされる。

photo:淡路島 一般道をのんびり北上し、22時半に淡路SAで夕食。ワシはじゃこめしとうどんのセット、ほかのメンバーはきつねうどんやラーメンや味噌汁など。本州を目前にして九州・四国旅行の最後の気分を味わう。

photo:淡路海峡大橋 この橋を渡ると本州。あとは無事に家まで移動するだけだ。


photo:吹田付近 0時14分に吹田JCT通過。大阪に住んでいれば四国・九州への旅は楽なんだろうなあと思う。

photo:日の出 大津SAで給油した位で後は順調に巡航。4時頃から6時40分まで三方原SAで仮眠。再出発直後に日の出を拝む。

photo:由比SA付近 7時半に由比PA付近を通過。富士山が見えると「帰ってきたな」と思う。

photo:横浜町田IC 8時から8時40分まで足柄SAで最後の休憩。マクドナルドに行ったが朝のセットはやっていなかった。でも自動販売機ではないコーヒーにありつけるのが嬉しい。

 9時22分に横浜町田ICを通過。旅が終わった。今回も3日の朝のうちに戻れたので、自宅での正月休みがほぼ2日分楽しめる。また1年間頑張ろう。


Written on 2007.6.9. - 2007.6.11.
homeに戻る